2010年04月21日

郵便不正公判、元局長「ワナにはめられた感じ」(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、自称障害者団体「凛(りん)の会」に偽の障害者団体証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の被告人質問は15日午前、前日に引き続き大阪地裁で行われた。

 村木被告は「検事から(自分が)言ってもいない調書に署名を求められ、ワナにはめられている感じがした」などと述べた。

 村木被告は、弁護側の質問に対し、「最初の取り調べで、検事から一方的に事件のストーリーを聞かされた」と説明。さらに「『私の指示がきっかけになり、元係長・上村勉被告(40)に大変申し訳ない』という内容の調書に署名するよう求められた。私の責任について、何とでも読める調書で、いやらしく感じた」などと話した。

 取り調べはほぼ毎日行われたといい、検事は「否認していると、裁判で厳しい結果が出て村木さんがショックを受ける。僕は村木さんが心配だから、毎日(拘置所に)通っている」などと自白を迫ったという。

 検事は「ノンキャリは(キャリアに)汚い仕事ばかりやらされている」と繰り返していたともいい、村木被告は「ノンキャリ職員への侮辱だと思った」などと語った。

 これに対し、検察側は「取り調べでは暴行、脅迫はなかったですよね」と確認を求めたが、村木被告は「検事が大きな声を出したことがあった」と指摘。別の検事からは「ずっと裁判で闘うと重い罪になる」と言われ続けたことを明かし、「これは脅迫ではないのか」と問いかけた。

仕分け対象の独立行政法人と事業(1)(産経新聞)
到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)
不正請求などで訪問介護など3事業所の指定取り消し―徳島(医療介護CBニュース)
自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」(産経新聞)
posted by モリタ アキヒコ at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。